被災して思ったこと 【3.11】被災者がまとめた死なない地震対策

震度5と震度6、感覚的にこう違う

個人的な感想を書いてみますと、体感的にはこんな感じ。


震度5=「かなり揺れる」

震度6=「家がつぶれる(かも?)」


違いは、こんな感じですね。^^


宮城県は地震が多い地域なので、震度4はザラにあります。
震度3なんかしょっちゅうすぎて余裕。
震度5もたまに起きます。
命の危険を感じたのは、震度6からです。


東日本大震災では震度6強、その約1ヵ月後に6弱を経験しましたけど、
この時はさすがにびっくりしました。


「家がつぶれる(かも?)」って書いたけど、実際につぶれた家は思ったより少ないです。
イマドキの建物は、想像よりも頑丈にできてるようで、かなり持ちこたえられます。^^
まぁ、壁はヒビ割れだらけになりましたけどね。^^;





 
posted by T家住人 | 被災して思ったこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。