震災時に食べた非常食 【3.11】被災者がまとめた死なない地震対策

震災時に食べた非常食

東日本大震災の時に食べた非常食。
非常食らしい物としては、カロリーメイトとカップラーメンぐらいですね。


カロリーメイトは、3.11震災当日の夜に、お菓子代わりに1本。
カップラーメンは、震災後2週間ぐらいの間に1〜2個食べたと記憶しています。
(カップラーメンは、非常時のため、かえって栄養価が気になり普段より食べなかった。^^;)


カロリーメイトとカップラーメンは、我が家では非常食のリストに入ってませんので、普段の買い置きです。


それ以外は、普通にごはんや乾麺などを食べてました。おかずは、冷蔵庫の残り物から始まって、次に、だんだん溶け出す冷凍庫の肉などを調理して、最後に缶詰やふりかけなどで食べました。


流通が回復してくるまで、しばらく(2週間ぐらい?)はそうやって食べていたと思います。
おかずは少ないですけど、米が大量にあったので「食べるものがない!」なんて心配は全然ありませんでしたね。





 


タグ:非常食
posted by T家住人 | 防災用品について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。