地震後の道路が危ない理由 【3.11】被災者がまとめた死なない地震対策

地震後の道路が危ない理由

地震後の道路は危ないです。
なぜなら、警察? 市役所? の危険喚起の対応が間に合わず、危険箇所にカラーコーンが置かれてなかったり、まだ立ち入り禁止になってないからです。





なんの目印もないので、穴ぼこに気づかずに普通に運転してると、「ドッシャーーーン!」としゃれにならないぐらい車が飛び跳ねてびっくりします。^^; うっかりハンドルをとられないようにしてください。


それから、道が無くなってることも。
道路全体が崩れていればわかりやすいんだけど、片側車線だけがまるごときれいに崩れてなくなっていた箇所もありました。(県道のカーブを曲がったら道がなかった ^^;)


あとは、橋もですね。
地震後に橋は安全確認できるまで長期間に渡って立ち入り禁止になりましたが、地震直後はまだ立ち入り禁止になってません。最悪、橋が崩れる可能性もあります。





 
【地震発生時・地震前・地震後についての最新記事】
posted by T家住人 | 地震発生時・地震前・地震後について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。