災害発生時、被災地では被害状況がわからない 【3.11】被災者がまとめた死なない地震対策

災害発生時、被災地では被害状況がわからない

災害発生時、被災地では被害状況がわからない、もしくはとてもつかみにくいです。
まず、テレビが映りません(停電してるので)。ラジオを付けてもすぐには被害状況はわからないし、ずっとラジオを聞いているわけにもいかない(地震後は忙しい)。


東日本大震災発生当時、日本中で速報で報道されていたのかもしれませんが、被災地ではその状況を知りません。日本中で「大変な災害だー」と言っているときに、被災地では「そんなこと知らない」んです。災害発生時、被害状況を一番知らないのは、実は被災地なのかもしれません。


つまり、地震直後に、被災地では未曾有の災害が起きたなんて思ってなかったんです。
だから、切迫感がない。自分が生死の境目にいる(いた)ことに気づかない。


パニックなんてまず起きません。それどころか意外と普通。^^;

   「おっきい地震だったねぇ〜。びっくりしたー。^^」
   「いやいや、参った^^。ちょっと片付けないと・・・。^^」


震災直後の会話はこんな感じでした。そんなもんです。


………………………………………………………………………………………………


東日本大震災の被害の大きさを知ったのは、3.11当日の夜。
関東にいる友人からのメールで津波のことを知らされました。

   「養殖イカダがまたやられたか?」
   「何もすることないから、ラジオでも聞いてみるか。」


そんな話をしながら、ラジオをつけました。


この時に初めて、東日本大震災の被害レベルを知ったんです。
あまりにも現実離れした話なので、驚くというより「?」でした。

     「ん? どういうこと?」

聞いていくうちに、だんだんと青ざめてくる。あまりにも信じられない報道内容にみんな呆然としたのを覚えています。気分的には、その時から東日本大震災が始まった感じです。


ラジオをつけるまでは、切迫感なんてなかったですね。少なくとも私には切迫感はほとんどありませんでした。そういう人も多かったんじゃないかなー。この切迫感のなさ、危機感の薄さが、今回の被害を広げた要因のひとつだと思います。


仮に、私がその時、南三陸町にいたとしたら−。
たぶん、ちょっとした高台に立って津波を眺めていたと思う。
そして、おそらく津波に飲まれてましたね。
(想定していた立ち位置は完全に水の中だった)





 
posted by T家住人 | 防災意識が生死を分ける | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。