一次避難対策(緊急・救急時) 【3.11】被災者がまとめた死なない地震対策

一次避難対策(緊急・救急時)

sikaku.gif 火事

火事も命を落とす大きな要因ですから、地震の揺れの後はすぐに火事に気をつけなければなりません。火事は燃えひろがったら手がつけられないので、火が小さいうちに初期消火したいです。そのためにも、しばらくの間は「火が出ていないか?」に注意を払うこと。また、もし出火したら、「掃除が面倒そう・・・」とか考えずにさっさと消火器で消したほうがいいです。^^;


我が家では、↓こんな感じの簡易消火器を台所に2〜3個常備しています。




実際に使ったことありますけど(火の消し忘れで台所のコンロが燃えた 笑)、使い方は殺虫スプレーと同じですね。プシューってやるだけで、かなり簡単に火を消せます(1m位の火なら余裕で消せる)。初期消火なら十分使えそうです。

※本格的な消火器は今のところ買ってません。



sikaku.gif 人命救助・大怪我

こういう状況は想像しにくいから、対策を考えるのも難しいです。
とにかく、次の二つのことに気をつけています。

“あわてて動かない”
   あせってバタバタ動くと、かえって状況を悪化させる可能性があります。

“人を呼ぶ”
   実際に救助を手伝ってもらうこともあるでしょう。
   (一人でできなくても、二人以上ならできる作業もたくさんあります)
   また、自分ひとりで考えるよりも、他人の意見に良いアイデアがあるかもしれません。



それから、もう一点。
救急用品を用意している人も多いと思いますけど、家庭でできるのはあくまで応急処置です。ひどい怪我の場合は、当然病院に行くことになります。

で、ここで問題なのは、救急車を呼んでも来ないかもしれないということ。来ないなら自分で病院に行くしかないわけです。家族に車を運転してもらえるならいいけど、それができない場合は、近くの人にお願いするとか、それが無理ならタクシーを呼ぶとかして、病院に行く手段を考えなければなりません。

こういう時も、あわてずにまわりの人に助けを求めましょう。
ここぞとばかり使命感をもってやってくれるはずです。^^





 
posted by T家住人 | 死なない防災対策〜地震・津波編〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。