二次避難対策(生活必需品の準備) 【3.11】被災者がまとめた死なない地震対策

二次避難対策(生活必需品の準備)

*この記事を読む前にここを読んでおいてください


二次避難対策は、一次避難対策と比べれば、そんなに難しくありません。
生活を継続するために必要なことは、

普段の生活必需品の代替品を用意したり、ストックを増やしたりするだけ

だからです。


例えば・・・

  ・テレビやインターネットが使えない(情報が取れない) → ラジオ
  ・水道が止まった → 水をストック
  ・ガスが止まった → カセットコンロ
  ・スーパーが閉まって食料が手に入らない → 食品をストック
  ・寒い → 反射式ストーブと灯油のストック


  など

  ※この点は『防災ノート』の防災用品チェックリストに詳しくまとめています。


二次避難は、代替品の準備さえしておけば、多少の不便はあっても実際にはそんなに困ることはありません。ましてや、よほどのことがない限り“生きる死ぬの話ではない”というのが率直な感想です。


しかし、多くの方に興味があるのはこの部分かもしれませんね。防災グッズとか非常持ち出し袋の中身とか、そういう話題は本当に尽きません。実際、多種多様、いろいろな防災グッズが売られています。


防災グッズの中身の多くは二次避難用品です。被災後の避難生活に使いますので、当然一通り用意しておくべきです。が、そんなに難しく考える必要もないと思います。^^;


「普段の生活で使っている必需品・消耗品が1ヶ月途絶えたら?」


と考えれば、用意しておくべき物や用意する量もおのずと分かってくると思いますよ。





 
posted by T家住人 | 死なない防災対策〜地震・津波編〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。